ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017に行ってきた。

ずっと気になっていて、でも気づいたら開催時期が終わっていたりして、挙げ句の果てには存在さえも忘れかけていて・・・しかし、ついに行くことができました。

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」!

再びこの存在を思い出し、行くきっかけになったのは、通っている音楽教室の先生が「今年も5月にあるから行ってみたら?」と勧めてくれたこと。

屋台がたくさん出ています。照明の感じがクリスマスみたいだ・・・

屋外にもステージがありました。奥にはピアノが置いてあります。到着したころ(19:00)にはすでに終了。屋外ステージのプログラム、この日は最終が18:00~だったようです。

ホールAの出口から見た景色。近未来感が漂う・・・

今回選んだのは、19:30からのプログラム。生で「火の鳥」を聴いてみたかった!

開演前のステージ。念のためスタッフの方に確認し、撮らせていただきました。

壁にも「LA DANSE」の文字が!

生のオーケストラは4~5年ぶりでした。

今までに行った公演は、2時間くらいのものが多かったんですよね(クラシックに限らないか)。それに対して、今回の公演時間は45分、しかもS席3,000円(公演による)はとってもお得なんじゃないかと。

気になる曲をいくつでも、気軽に聴けるのはいいですね。クラシックは元々好きですが、もっとカジュアルに楽しんでいいものなんだな・・・と思いました。

個人的には「火の鳥」のクライマックスが、思ったより歯切れがよくて驚きました。オーケストラによってかなり違うのね・・・

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)