静岡 伊東・大室山(2)~360°の絶景を見ながら歩く【伊東旅行】

前回記事の続きです。

大室山は中心がくぼんだ形をしており、淵を一周ぐるっと歩くことができます。

スタート!このきれいに舗装された道を歩きます。

山の中心の、くぼんでいるところはアーチェリー場です。この日は強風だったので、さすがに誰もいません・・・

看板も出ています。

どんどん進む。山を一周するので、景色を360°見ることができます。

晴れていれば遠くの島まで見える、らしい・・・

振り返ると句碑があります。「伊豆は日のしたたるところ花蜜柑」と。

まだ半分もきていないみたい。それでもリフト乗り場が遠い。

もう少し進むと、分かれ道が出現(階段かそうでないかの違い)。ここを越えると・・・

頂上だ!

「三等三角点 大室山」と書いてあります。

山頂付近は、蝶やらハチやらカラスやらがたくさん飛んでいます。ハチの羽音が怖くて、あまり長居せず先へ。

「急坂です。ゆっくり歩いてください。」という案内が出ています。もちろん従う。

ずーっと先まで道が続きます。すごい景色だ・・・

そろそろゴール!

リフト乗り場から、歩いてきた道を振り返る。

決していいお天気ではありませんでしたが、頭の中を空っぽにして、ただただ景色を見ながら歩くのはいいですね。デトックスできたような気がします。

山の上から360°の景色を見るという、とっても貴重な経験もできてよかった!

大室山の、道路を挟んで反対側には、伊豆シャボテン動物公園があります。今回は行きませんでしたが、また機会があれば是非入ってみたいものです。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。