「行動する勇気」をくれる4つの数字

私の手帳のいちばん後ろのページには、こんなことが書いてあります。

したい人、10,000人
始める人、100人
続ける人、1人
できないと嘆く人、100,000人

いつ書いたのかも、だれの言葉なのかも定かではありません。ただ、こうして手帳に残しているくらいなので、この言葉を見て衝撃を受けたのは確かです。数字が大きいので、なんだか壮大な話のようですが・・・実生活でも「確かにこの通りだな」と感じる瞬間は多いです。

「これやってみたいな」「できたらいいな」という人はたくさんいる。しかし、実行する人は少ない。長く続ける人はもっと少ない。無意識にできない理由を探して、結局やらずに終わってしまう。以前の私もそうでした。「私が今から始めたところで、一体何の意味があるんだろう」と、行動を起こすことさえもためらっていた・・・

「やりたい」と言っておきながら、どうせみんなやらない。だからこそ行動する価値がある。この数字を知ってしまったら、もう立ち止まることはできません。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。