久しぶりに切符を買い、定期の便利さを思う。当たり前のものがない、ということ。

最寄り駅に着いてから、定期(PASMO)を忘れたことに気づきました。戻る余裕はあるけれど、マンションのエレベーターをまた上がって・・・なんて考えたら、面倒なので戻りたくない。だから切符を買うことにしました。

当たり前にあるはずのものがない。それだけで、新たな気づきがありました。「切符を買って電車に乗る」とはこういうことか。

動作がひとつ増える

定期があると、とにかくスムーズ。行動に無駄がありません。かざすだけだから。定期圏外でも、多めにチャージしておけば問題なし。改札の前で立ち止まることもありません(私はよくある)。

定期がなければ、切符を買わなければなりません。でもそれを忘れてしまいます。いつもの調子でまっすぐ改札まで歩いていき、直前で「あ、そういえば定期ないわ」と引き返す。今日も何度かやりました。

路線図を確認する必要がある

初めての場所に行くときも、スマホとPASMOがあれば大丈夫。その場でルートを検索して、その通りに動くだけ。路線図を見ることはほとんどありません。

しかし切符の場合は、買うために券売機の上にある路線図を確認することになります。複数路線を経由するなら、まず○○から○○まで買って、乗り換えはここで・・・と、路線図を追いながら考えます。

さらに、路線図は横に広く描いてあるので、目的地を探すのにちょっと時間がかかります。

「お金がかかっている」という実感が湧く

券売機に現金を入れることで、「お金を払ってサービスを利用するんだ」と感じます。定期はかざすだけなので、いつの間にか「単なるカード」という認識が強くなっていました。

久しぶりに切符を買ったことで、「交通費って意外とかかるんだな」と驚いたものです。

まとめ

世の中が便利になったことを実感すると同時に、便利だからこそ、お金やサービスのありがたみを忘れないようにしようと思いました。

たったひとつの忘れ物が、世の中の進歩を感じ、行動を省みるきっかけになる。視点が変わると、些細なことでも学びにつながりますね。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京都在住の会社員。文章を書くこと、音楽、演劇、ラジオが好き。周囲から否定される数々の経験が元となり、成長するにつれて感情を思うように表に出せなくなる。自分の人生なのに、自然と「裏方」になろうとしていたことに気づき、2016年の冬、生き方を変えようと決意する。本当はもっと表に出て、自分の思いを表現することで生きていきたい。将来的には、会社員+個人事業主として活動したい・・・と思っている。
末光 咲織

最新記事 by 末光 咲織 (全て見る)