自分にとっての「お金の価値」が、少しずつ変わってきている。

3月に参加したツナゲル大交流会で、お金にまつわる「目から鱗」なお話を聞くことができました。自分の中でとても腑に落ちた感覚があり、お金に対する考え方が変わってきているところです。

お金=チケット

自分のステージを上げたいときは、お金の力を使うのが有効なんだそうです。乗ってみたい車があるのなら、「いつか乗れたらいいな」ではなく、もう買ってしまう。買った瞬間、「○○に乗っている人」になります。これは、自分で自分のステージを上げた、ということです。

いきなり車は買えなくても

たとえば、いつも使っているバターを、ちょっとだけ良いものに変えてみるとか。または、気になるセミナーに行ってみるとか。「自分なんかがこんなことしていいの?」という思考が邪魔をしてきても、思い切って決めて、信じて、行動に移す。行ったことのない場所に足を踏み入れることで、自分の世界がどんどん広がっていきます。

お金自体に価値はない

3万円のものを買うとき、「これに本当に3万円の価値があるの?」なんて考えることがあります。買ったあともお金のことで後悔したり。「あー失敗した」「もっと安く手に入ったのに」なんて平気で言ってしまいます。でも、よーく考えたら・・・お金って紙ですし、それ自体に価値はありません。

お金を使って経験・体験したことを通して、自分が成長していく。それこそが、お金がもたらす価値。

お金を有効に使って、自分のステージを上げる。なりたい自分に近づいていく。ここに気付けたのは大きかったです。

お金はたくさんあったほうがいいし、もっと稼げるようになりたい。しかし、そこで終わるのではなく、稼いだお金をどのように使って価値を得るか。自分の世界を広げていくか。働く(稼ぐ)楽しみは、こんなところから生まれてくるのかもしれません。

The following two tabs change content below.
末光 咲織

末光 咲織

東京在住20代会社員。100%自分主体で生きていない・・・と感じ始めて早数年。この違和感をどうにかしたくて、自分らしく生きるための在り方・やり方を学んでいる途中。2018年は大きく変わる一年にしたい。